夫婦。

田村正和と黒木瞳が夫婦役で好演のTBSドラマ

放送日

2004年10月から12月にかけて放送されたTBSの日曜日9時からのドラマで全11回。脚本は 遊川和彦。

出演者

田村正和、黒木瞳、加藤あい、塚本高史、羽田美智子、西田尚美、大森南朋など。

あらすじ

通販会社の社長である山口太一(田村正和)は結婚25周年を迎える13歳年下の妻の華(黒木瞳)、太一の会社にコネ入社で働く娘菜穂(加藤あい)、大学生の息子順(塚本高史)の4人暮らし。

ある日、菜穂が太一の部下である元木慎吾(大森南朋)と結婚したいと言い出す。その結婚に大反対の太一は華とともに、菜緒が予約してしまったという結婚式場にキャンセルしに向かう。

そこで担当の待田幸子(羽田美智子)に「今キャンセルしなくても、お嬢さんと話し合って下さい。」と言われ、太一は綺麗な待田を前にそれ以上キャンセルと強くに言えなくなってしまう。

その後、太一が式場に忘れたハンカチを口実に待田から食事に誘われる。待田に魅かれていた太一はその食事に行き、その後も何回か会っているうちに、ついに二人は一夜を共にしてしまう。

その二人の関係に気づいた華は半狂乱になり、自分の人生について考え直す。

また息子の順は、シングルマザーと付き合い出し、菜緒の結婚もすんなりはいかず、華は色々頭を悩まし始める。

見どころ

遊川和彦と言えば、NHKの朝ドラ「純と愛」や「家政婦のミタ」などブラックな展開があるドラマが多い印象ですが、この「夫婦。」は安心してみることができます。

家族の良さを再確認させるような場面も多く、心温まるストーリーです。ちょくちょくコメディぽい笑わせる場面も出てくるので、軽い気分で見ることができるのがいいですね。

私達世代(40代半ば)だと田村正和は「パパはニュースキャスター」当時のイメージが強いので、「夫婦。」での田村正和はちょっと老けたなと思いますが、まだまだ恰好いいです。

黒木瞳は肌がぴちぴちしてますね。そして、こういうカマトト妻ぶりが似合いますよね。あとは塚本高史くんいい味だしてました。暗くなるドラマじゃないので、何回見ても良さそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【DVD】夫婦。(3)田村正和 [DA-609]
価格:3899円(税込、送料無料) (2017/11/21時点)

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする