クリスマス・イヴ

吉田栄作、仙道敦子が恋人役で出演

放送日

1990年10月~12月にかけて放送されたTBSの金曜日21時からのドラマ。全11回。脚本は内館牧子。

 出演者

吉田栄作、仙道敦子、清水美砂、松下由樹、ヒロミ、羽田美智子、宅麻伸など。

あらすじ

クリスマスの日、東西銀行の同僚の河合雪子(仙道敦子)と望月美咲(清水美砂)はオーストラリアで真夏のクリスマスを楽しんでいた。
一方、同じ東西銀行の藤井剛(吉田栄作)と恋人の前川くるみ(松下由樹)も恋人同士二人でオーストラリアに婚前旅行に来ていた。

剛とくるみは結婚の話し合いでケンカをしてしまい、くるみは先に日本へ帰ることにする。そこで、偶然、くるみと美咲は知り合い仲良くなる。

剛は一人でオーストリアの街を歩いていると、偶然、美咲と別行動していた雪子に遭遇する。オーストラリアにまで来て、会った偶然を喜ぶ二人は、一緒に街を観光することにする。

その一年後、剛と雪子を恋人同士になっており、雪子は剛のプロポーズを待つ毎日を過ごしていた。
剛はある考えがあり、プロポーズの時期は今ではないと考えていた。

そんな剛の気持ちを雪子は理解できず、二人はすれ違い始める。

見どころ

内館牧子脚本のOLシリーズで、相変わらず、みんなの考え方が昭和です。女というものは、専業主婦になり男を支えるもの、と思っている剛と、何もできることがないから専業主婦になって結婚したい雪子。

二人とも結婚したいと思っているのに、そうこうしていうるうちに、こじれまくって、元通りになるのが難しくなってくる、という話です。

雪子の親友美咲が性格悪すぎ

親友の美咲が本当性格悪いんですよ。約束したことを守らない、親友のカレと寝る。イライラしました。

なのに、雪子は美咲と友達で居続けるんです。仲良し3人組、剛とはみんなが寝てるという状態。

見どころは、松下由樹。昔めちゃくちゃスタイル良かったんだと思いだしました。背もすらっと高くて、ほっそり、顔もシャープですね。あと、松下由樹のお兄さん役で、ヒロミが出てます。


20代の頃の松下由樹。スタイルが良すぎます。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする