最後からニ番目の恋

小泉今日子と中井貴一の掛け合いが笑えます

放送日

2012年4月~6月にかけて放送されたフジテレビの木曜日22時からのドラマ。全10回。脚本は岡田惠和。

 出演者

小泉今日子、中井貴一、飯島直子、内田有紀、坂口憲二など。

あらすじ

45歳の独身テレビプロデューサーの吉野千明(小泉今日子)は、親友二人と鎌倉の古民家に暮らすはずだったが、二人から裏切られ一人で住むことになる。

千明の住む古民家のお隣が、長倉家だった。長倉家は妻と死別して一人娘を育てる市役所勤務の長男和平(中井貴一)50歳、現在は結婚して家には住んでいない長女典子(飯島直子)、同居して住んでいる独身の双子の引きこもりの姉万里子(内田有紀)と自宅のカフェナガクラを切り盛りする双子の弟真平(坂口健二)の4人兄弟。

千明が一人で引っ越してきた当日に、ネズミが出てきたので大声を上げると、隣の家の真平が様子を見に来てくれた。真平はワイルドイケメンで千明に優しく、会ったばかりにもかかわらず「朝まで一緒にいてあげる」と言ってくる女たらし。その誘いを断るが、その後もやたらに千明に優しい。

一方、兄の和平は、外見は真面目そのものだが、千明は会うといつも言いたいことを言えてしまう相手だった。その後、真平と千明の関係は徐々に進展し、和平にもお見合いの話が来る。

見どころ

面白いのは小泉今日子と中井貴一の掛け合いです。
二人とも老化の貶めあいをしたり、アラフィフ世代にとってはまさにあるある!という感じの話題が出てきます。

独身女性の寂しさや切なさも感じられますが、コメディタッチの軽い感じでドラマが進んでいきます。

和平と千明がひっつきそうで、ひっつかない。大人の恋は中々難しいようです。

見ると元気が出る、大人のラブコメですね。舞台の鎌倉も素敵です。これ見た後、私、影響されて鎌倉行きました。

坂口憲二の小学校の同級生役でブレイク前の吉田羊も出てます。
今、坂口憲二は無期限休業なので、貴重なドラマですよね。
ドラマでは、坂口憲二には後半で彼女ぽい子が出来るのですが、相手役をもっと大きな人にして欲しかったな。
身長差がすごすぎて、坂口憲二が巨人に見えてしまう。

この続編もあり、また続きもやってほしいのですが、坂口憲二も休業中だし、難しいかもですね。
アラフィフなら、共感できること間違いない、ラブコメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

最後から二番目の恋 DVD-BOX [ 小泉今日子 ]
価格:18904円(税込、送料無料) (2018/6/7時点)

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする