家政婦のミタ

 最高視聴率40%越えの松嶋菜々子主演ドラマ

放送日

2011年10月~12月にかけて放送された日本テレビの水曜日22時からのドラマ。全11回。脚本遊川和彦。

 出演者

松嶋菜々子、長谷川博己、相武紗季、平泉成、佐藤仁美、 白川由美、忽那汐里、中川大志、本田望結ど。

あらすじ

阿須田恵一(長谷川博己)は会社の若い女性社員、風間美枝(野波麻帆)と不倫していることが妻にばれ、妻が入水自殺してしまう。恵一は、高校生の結(忽那汐里)、中学生の翔(中川大志)、小学生の海斗(綾部守人)、幼稚園の希衣(本田望結)の子ども4人を抱えており、すぐに家政婦を頼む。
そこにやってきたのが、三田 灯(松嶋菜々子)だった。

三田は無表情で全く笑わない。口癖は「それは業務命令でしょうか」と業務命令と言われれば、「承知しました」と言い、何でもこなす。

晴海家政婦紹介所の所長(白川由美)は派遣した三田のことを「家政婦としては有能だが、殺人をすることを頼めばするかもしれない」と恐ろしいことをにおわせる。

阿須田家の子供4人は、何でも言われたことをやる三田の私生活に興味を持ち、ある日尾行する。すると、三田は、遊園地に行き、ランチにファミリーセットを買い、テーブルに腰掛ける。誰も来るわけでもなく、ランチを食べるわけでもなく、そこに座り続けるだけだった。

見どころ

かなり視聴率がよかった番組だったよう。本田望結ちゃんも出てたこともあり、子供達に人気があった番組なのかな、と思いました。

三田さんがすごい秘密を抱えており、それを子供達が探っていくストーリー。ちょっとホラーのようなストーリー展開で、小中学校で話題になったんではないでしょうか。

松嶋奈々子は、あくまでも無表情な演技を頑張ってます。帽子とダウンの変な服装(それも理由あり)なのですが、スタイルの良さだけ目立ってましたね。

私、長谷川博巳の主役級の演技を見るのが、今回初めてだったのですが、父親役がちょっとはまってない感じ。
高校生のお父さんとしては若すぎじゃないですか?確かに早く結婚すればそうなるけど、父親ぽい感じがしなかったんですよね。

相武紗季は、いつもこんな役が多いんですかね。いい感じでドジっぽさがでてました。彼女、この暗いストーリーの中で、唯一笑える存在で、和みましたね。

あとは、中川大志くんかわいいですね。今はもうかなり背がのびて、大人っぽいですが、この頃はまだ子供ですね。

白川由美は安定のいいおばちゃん役でした。白川由美に代わる人っていないですよね。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする