家売るオンナ

北川景子主演、笑わない女

放送日

2016年7月~9月にかけて放送された日本テレビの水曜日22時からのドラマ。全10回。脚本は大石静。

 出演者

北川景子、工藤阿須加、千葉雄大、イモトアヤコ、仲村トオルなど。

あらすじ

テーコー不動産株式会社の新宿営所に赴任してきた三軒家万智(北川景子)。
「私に売れない家はありません!」が口癖で、トップセールスを誇り、家の売買仲介営業をしている。
家を売るためには努力を惜しまず、周りとうまく人間関係を築くことはせず、独自のペースで成約をどんどん決める。

社内で仕事のできない人間を見るのが嫌なため、仕事のやる気のない白洲美加(イモトアヤコ)や営業成績の振るわない庭野(工藤阿須加)にガンガン仕事を言いつける。

営業所の課長屋代大(仲村トオル)はバツイチで、昔は仕事が出来たが、今は中々出世できず、バー「ちちんぷいぷい」で息抜きをしている。
足立聡(千葉雄大)は三軒家が転勤してくるまでは、新宿営業所でトップセールスを誇り、その外見から王子と呼ばれている。

最初は三軒家の仕事ぶりに驚き、皆敬遠していたが、庭野や屋代は、三軒家の外見に魅了されながら、彼女の私生活にも興味を持っていく。

見どころ

このドラマ、毎回家を買うゲストが登場し、1回完結ストーリーとなっています。
なので、どんどんシリーズ化して、もっと色々な家を見たい気もしました。
家が毎回豪華で、1億以上の家をぼんぼん買っちゃうので、ちょっと庶民感覚はないですけどね。
あとドラマに合った家を実際に探したりするの大変だろうなぁ、とドラマ製作の心配もしてしまいました。

演技はみんなうまいですね。
私の感覚では、北川景子や仲村トオルより、むしろ、工藤阿須加、千葉雄大、イモトの3人がうまいな、と思いました。
千葉雄大、実は性格が腹黒い王子様感が良く出てます。イモトもダメOLの役が合ってる。そして、工藤阿須加って西武の工藤公康の息子ですよね?
イメージ的にはただの2世で出てきた感じなのに、結構いい味出してるんですよね。

小泉孝太郎など、2世でそんなに演技も勉強してない感じなのに、まぁまぁうまいし、演技って持って生まれたものですかね。(ちなみに小泉孝太郎は出てません)

物語的にも、会社で働いた経験のある人なら、スカッとするかも?私は三軒家万智みたいなタイプ嫌いじゃないですね。
自分が白洲美加みたいなタイプだったら嫌ですけどね。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする