ロングバケーション

キムタク最強のドラマです

放送日

1996年4月~6月にかけて放送されたフジテレビの月曜日21時からのドラマ。全11回。脚本は北川悦吏子。

 出演者

木村拓哉、山口智子、竹野内豊、稲森いずみ、松たか子、りょうなど。

あらすじ

30歳になるモデルの葉山南(山口智子)は、結婚式当日に婚約者に失踪されてしまう。婚約者のマンションに白無垢のまま行くと、そこにはルームメイトの瀬名(木村拓哉)がいるだけだった。その後、仕方なく南は瀬名のマンションに転がり込むことになった。

瀬名は音楽教師をしており、実力はあるものの、さえないピアニスト。シャイな性格で、大学の後輩涼子(松たか子)に密かに魅かれている。

瀬名も南も、同居人というだけで、最初は全く相手に何も感じず、言いたいことを言い合っていたが、徐々に二人は魅かれあっていく。

不思議ちゃんキャラではあるが、たまに良いことを言う南と同じモデル仲間の小石川桃子(稲森いずみ)、イケメンでプレイボーイの南の弟真二(竹野内豊)、その彼女のルミ子(りょう)、瀬名の音楽教室の生徒役の貴子(広末涼子)が物語を盛り上げる。

見どころ

このドラマ大好きでした。当時OLだったのですが、会社が本当に嫌いで、楽しみはこの「ロングバケーション」だけでしたね。女友達とも、このロンバケだけが楽しみだなんて、話していました。今はこれほど楽しみなドラマは、なくなりました。当時、月曜日は、夕方ぐらいからロンバケあると思うと、ワクワクしてくる感じでしたね。

何がいいかって、すべてがオシャレなんです。主題歌が久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」で、ナオミキャンベルとコラボしてるんですよ。(まぁコラボとは言えないかも?)

オープニングの映像も素敵。その当時最先端のファッションで、山口智子、稲森いずみ、りょう、竹野内豊など日本人にしてはスタイルいいから、似合うんです。(キムタクは顔でカバー)憧れました。

そして、物語の内容もオシャレ。北川悦吏子さん、得意の気持ちのすれ違い描写が切ないんです。山口智子の演技が少し恰好つけすぎなんじゃ?と思う部分もありますが、アラサー女子の悲哀なんかも少し描かれたりして面白かったな。

5,6年前、再放送してました。そのときも夢中になって見ました。若かった当時の気持ちが甦り、切ない気分になりました。

今の子たちは楽しめるのかな? でも、「君の名は」が受けるぐらいなんで、面白いんじゃないかな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロングバケーション DVD-BOX(DVD)
価格:16937円(税込、送料別) (2018/5/23時点)

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする